純氷とは?

氷屋が作った氷を業界では『純氷』と呼んでいます。
『純氷』は簡単に言うと「透明感のある、硬くて、溶けにくい氷」です。

昔ながらの「カングリッド」製法

大きな缶に水を入れ、空気を入れてかき混ぜて、マイナス10度くらいになる液体の中ででじっくりゆっくり48時間かけて凍らせています。
48時間かけてゆっくりと凍らせることにより、原水の中に含まれている空気やわずかに残った不純物が排出されていきます。
この製法を「カングリッド製法」と呼び、古くから業界では馴染みの製法です。

目にも口にもおいしい純氷

そうすることで1本135kgにもなる、不純物の少ない綺麗な氷が出来上がります。
家庭用の冷凍庫で凍らせた氷は白くにごったミネラルなどの不純物が入っていますが、こうして作られた『純氷』は不純物が少ない分溶けるまでの時間が長い、と言われます。
また、不純物がない分雑味がなく、お酒やカキ氷等の本来の味を壊しません。